愛媛 石手寺 歴史

愛媛 石手寺 歴史

愛媛 石手寺 歴史

仏壇による至聖所を土間とみなすEnryaku-戟テンプル起源の寺院を含む
天台セクト・システム仏教徒寺院で見られることは、テクニックです。
重要な文化財Eightデーヴァ門−本タイル-屋根ふき材門の切妻で隅棟を作られた屋根生産。鎌倉時代。
11をもつ1人の木のカンノンは、像躯 ― この寺院校長アイドル ― に向かいます。
イメージは、154.5cm高いですtemple.Itがもの偽りの献辞である仏教徒の主な
ホールの仏壇の中央に、それを祭ります。
そして、寺院伝記によるショウム皇帝は平安時代の後の期間で本当の生産以外の推定されます。
3時までに、躯は11の顔像躯 ― 仏教寺院の主なホール ― で、正当と6人の
木のカンノンの仏壇の左側の間でそれを祭ります。
イメージの高さの144-156cmこの神聖なイメージで平安時代の後半部である製品であると、考えられます。

他、算額 ― カエイ時代5年 ― のために、山崎あきら
Longmen Kinjiro Hanayama Naotaka(1852)から、人を捧げます。
松山市は、具体的な民俗音楽文化財を示しました。。。
それは、仏教寺院至聖所の主なホールの掲額です。。。

愛媛 石手寺 仏教寺院