愛媛 石手寺

愛媛 石手寺

愛媛 石手寺

石手寺
石手-戟寺院(いしてじ)は、石手、松山市、愛媛の真言宗仏教トヨヤマ・グループの寺院です。
熊野山(クマの)(虚空倉庫(こくうぞういん))の下院を申し立てます。
男自身は、治癒のブッダです。四国の88の聖地の第51の請求場所は、地面を神聖にしました。
それは、巡礼者の原種であると考えられる衛門三郎の第2の来たるべき伝説接続の寺院です。

近かったので、それはDogo温泉の温泉行楽地から巡礼者の他で観光客で
しばしばいっぱいでした。
そして、2009年3月に、それは1つの星のそばのミシュランガイド(観光地)日本で選ばれました。
真実についての主要なアイドル・ブッダの説教:おんころころせんだりまとうぎそわかご
仏教徒聖歌:あちらと詣りてトレイである西と考える10の快適さは
深刻にパラダイスの寺院に来ます。

伊予国(純粋な越智ボール)(おちのたまずみ)の領主は
ジンキ時代の間5年のための(728年)夢によって神聖な地面でこの地面を理解して
寺院伝記によると、日本の神の12の熊野名誉なタイトルを崇拝しました。
これはショウム皇帝の帝国祈り場所になります。
そして、境界制がTenbyo時代に最初の年に賛成の(729年)Healingのブッダを刻んで
主要なアイドルとしてそれを祭って、開いたグループをしたと言われます。

愛媛 石手寺 概要