愛媛 石手寺 仏教寺院

愛媛 石手寺 仏教寺院

愛媛 石手寺 仏教寺院

仏教寺院(存在)の主なホールは伊予国保護カワノによってカーゲンのために
3年再建されました(1305)、そして、現代初期に城加藤の松山支配者の保護を受けて
成功しました。

仏教寺院 ― 1305年に寺院から塗装している発見される墨によって
組み立てで明らかに起こる(カーゲン3年)鎌倉時代 ― の主なホールを
国民は大事にします。
横桁(16.38m)の長さ、9つの限界(20.91m)、光線の間の屋根の7つの限界は
本タイル-屋根ふき材の切妻で隅棟のある屋根生産によって
木の建物のために県中で中で最も大きいです。
すべての柱は正面の蔀のすべての柱を装います。
コラムで、そして、建築は日本の建築様式に基づくが、装飾的なビーム
(このようにそれを所有します)の形を含む詳細で大仏(Sindhu仏教徒建築)を取り入れます。
寺院のこの側の祈りの人が入る一員は、床に板を張って、それを引き受けます。
深さは高く柱の間で5つの限界*5限界のために1歩の床を作って
畳保証金(この側の土間の至聖所による深さ)の仏教寺院(げじん)の外の部屋をかたづけます。
長方形の仏壇を至聖所に置いて、11の顔画像(大事にされた仏像)で、7人のカンノンを祭ります。

愛媛 石手寺 歴史愛媛 太山寺